• このエントリーをはてなブックマークに追加

特徴を紹介!ガラス屋が取り扱う商品について

内部にワイヤーが入っているガラスは、一般的に網入りガラスと呼ばれていて、火災時の飛散防止を目的に使われています。衝撃に弱く割れやすいものの、割れても飛び散らない作りなので、火災の二次被害の抑制効果に魅力があります。ただ、ハンマーなどによる意図的な衝撃には耐えられませんから、防犯目的に向いていないことには注意が必要です。 日常的には、窓を見る度に網が視界に入る、あるいは飛び取らなくてもヒビが入ると気になるものです。こういった悩みには、窓の部材を扱うガラス屋が相談相手になりますから、気になってどうしようもなくなったら相談を検討してみましょう。視界が改善するかもしれませんし、飛散防止以外の機能も実現する可能性があるので、悩みはむしろ相談で前向きに変わります。

網入りガラスは何故割れやすいのか

網入りガラスは、通常の一枚ガラスよりも割れやすいとされていて、劣化が進むと自然に割れることもあります。これは、ガラス部分との熱膨張率に差があること、ワイヤーが金属製で錆びると体積が増える二つが主な理由です。 衝撃を与えないように気を付けていても、温度差の影響や結露で劣化して割れますから、ヒビが入ってしまったら諦めて交換を考えましょう。消耗品と捉えれば、経年劣化で破損したり出費が発生するのは仕方がなく、割れやすさで火災時の被害を防いでくれていると考えると、破損しやすくても納得できるはずです。 それでも、頻繁に破損が発生すれば経済的な負担に繋がりますから、ヒビ割れが発生したら丈夫で割れにくい物に交換してもらうことが大切です。一見して同じように見えるガラスも、実は素材や設計が進化しているので、最新の商品を取り扱うガラス屋に相談すると、期待に応えてくれたり悩みが解消しやすくなります。

ガラスの修理はプロのガラス屋を活用すると悩みが解消します

ヒビの入ったガラスは、放置すると破損が進行しますから、気が付いたら早めに交換する必要があります。部分的な補修や修理は難しいので、費用面でも作業の難易度的にも交換が一番現実的です。 プロは破損しやすいガラス、頻出する箇所を把握しているので、相談すると早く駆け付けて現場を確認してくれます。標準品なら在庫を持っていることも少なくありませんから、作業が早くあっという間に直ってしまうこともあるでしょう。 ガラスに破損が発生して修理を考える場合は、フリーダイヤルで一年中相談に乗ってもらえるような、緊急時に頼りがいのある業者が理想的です。また、費用の目安が分かるとより安心なので、目安となる料金が明示されている点も、業者選びの際の評価に役立ちます。 相談を始める時は、網入りガラスが破損したことを伝え、原因が分かるならそれも添えるとやり取りがスムーズになります。丈夫なガラスに交換して欲しいと要望すれば、適合する選択肢を提示してくれますから、この点も一緒に相談するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*