• このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラス屋が防犯で得意とする侵入防止対策

家庭の窓ガラスは、昔よりも割れにくいものが使われることも増えてきています。地震や台風などに対する対策が昔よりも意識されるようになったためです。 しかし、特別に注文しなければ、厚さがあまりないガラスがはめられたサッシが使用され、故意に侵入を試みるものに対しては弱い部分があります。昔の家であれば、割れやすいガラス窓が使われていることも多く、侵入防止対策としてはとても弱いままです。 うまくプロのガラス屋に頼んで防犯性を高める活用を行えば、万が一の場合でも安全性が保てます。侵入に時間がかかる家は泥棒があきらめてくれたり、初めからターゲットにされないで済みます。窓ガラスにひびが入ったまま放置などしていると、目をつけられて犯罪に巻き込まれる危険性が高まりますから、素早く対応しましょう。

ガラス屋に防犯性を高める依頼を行う活用法

普通の強化ガラスも結構割れやすく、侵入者に対する対策としては弱い面があります。プロに依頼すればベストなガラスの提案を受けることが可能で、需要の高まりを見せているのはガラスの間に特殊フィルムを挟み込み割れにくくしたタイプです。 泥棒の侵入を防ぐためには、さらに対策を行うことがベストで、カギをこじ開けられてしまわないように依頼することで、補助ロックなどの設置を提案してもらうことができます。うまくプロの知識を活用して家の安全性を高めれば、夜や留守の間も安心です。 在宅中に侵入を試みる泥棒も増えていますから、常にだれか家にいる状況であっても対応をお願いしたほうが良いでしょう。高いガラスでなくても、二重窓にすることで面倒な印象を与えれば、侵入を躊躇させることが可能になります。

ガラス屋で防犯対策依頼を行うことで高まる安全性

ドライバーやハンマーなど工具を使って、叩き割る方法をとる侵入者は少なくなっており、比較的音が出ないバーナーやライターなど、火を使ってガラスを割る方法を使うことが増えてきています。 普通のガラスでは簡単にひびが入ってしまい、カギを開けられてしまいますが、フィルムが間に入れられたガラスなどを活用することで安全性が高まり危機を回避できます。費用をあまりかけられず強化ガラスにした場合は、目立たない場所に補助錠を設置して、一つのカギを開けただけでは窓が開かいようにすることで簡単には入り込めない家にすることが可能です。 安全を高めるためプロに依頼するときには、必ず現場を見てもらい見積もりを依頼しましょう。家のガラスの状態によっては、ガラスを変えなくてもフィルムを張り付けただけで十分なこともあるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*